肌の乾燥を防ぐためには水分量を保つことが大切

肌は年齢と共に乾燥が進んでしまいますが、肌の水分量を上げるためには水分と皮脂が必要になります。
ただし、皮脂が多ければよいということはなく、理想の水分量の割合は水分が8割と油分が2割という比率です。
肌に水分をただ与えるだけでは蒸発してしまいます。
肌にある皮脂膜は肌の水分を蒸発を防ぐことができます。
皮脂膜は皮脂によって作ることが可能ですが、皮脂が多すぎてはベタつきの原因となり少なすぎては乾燥の原因となります。
水分が少なすぎても、皮脂が多すぎても肌トラブルに繋がります。
今現在の肌状況を把握するためには、コスメコーナーの水分量を測る機械で確認してみることがおすすめです。
水分量を保つためには日々のお手入れが必要です。
高級なスキンケアを使っていてもお手入れを継続できなければ効果を発揮することができません。
日々のスキンケアを怠ることなく丁寧にスキンケアをすることが大切です。
スキンケアをしっかり行うことによって将来の肌状態が異なります。
きれいな肌状態を保つためにも毎日のお手入れは大切です。

口コミでも人気の美容鍼

女性の様々なお悩みを解消♪

岡山、広島、福岡などに展開するエルムクリニックでは、どんな治療もカウンセリングから始まります。小さな治療から大きな施術まで、全てにおいて安心を重視して取り組みます。

最新記事